よりいっそう高額で買い取ってもらうための工夫

状態が良いのは最重要

家に、昔の良く分からない切手があるとしたら扱いに困ります。捨てるのはもちろんもったいないですし、そのまま使用するのも味気ないです。そこで、切手を売るという手段があり思わぬ高値で取引されることがあります。高値で取引される切手は現在でも簡単に手に入るようなものではなく、現在は印刷されていない絶版の切手が中心になります。 ただ、絶版であれば何でも高く売れるという訳ではなく、絶版かつ状態が良いということが条件です。破れていたり、色が落ちているなどすると大幅に売却価格が下がるか価値無しと判断されてしまいます。切手はマニアでなければ使うことを前提としているので、保存方法に気を使っているケースは少ないですがなるべく売る瞬間まで扱いに注意します。

相手が何を求めているか

切手を売ろうとしても、その売却先は数多くあります。切手を売れる店もあれば、インターネットオークションなどでも売れます。どうせ売るのであれば高く売りたいので、高く売る為にベストを尽くしたいです。 お店に売る場合は、何を求めているか把握し求めているものを渡すと高値で買い取ってもらえます。何を求めているかは、その店主の好みや在庫によるので一概には言えません。日本の切手だけでなく中国やバチカンなどの切手を求めている場合も否定できないです。 インターネットオークションで売る場合はダイレクトに売買できるので、楽です。他に欲している人と競争させることによって売却価格を吊り上げることができるので、工夫は必須です。